控除についてどう思いますか

相続税控除について詳しく理解していますか?知ってて損はないと思います。 - 控除について

更新情報

アーカイブ

相続税対策 チェスター

控除について

相続税には、様々な控除が存在しているということはご存じない方も多いようです。
ここで、そんな控除について触れていきたいと思います。
実際に手続きを進めるときにも覚えておくと便利でしょう。
まずは相続税の贈与税額控除です。
相続開始からさかのぼって3年前の贈与に関しては相続税の課税対象となりますが「純粋な遺産」ではありませんので、相続税の税各校所の対象となっているのです。
次に未成年者控除です。
法定相続人が未成年(20歳以下)である場合、相続税の未成年者控除の対象となります。
計算ですが「6万円×(20歳−相続開始時の年齢)」となります。
次に障害者控除です。
法定相続人が「70歳未満の障害者」であるという場合においても控除の対象となるのです。
計算においては「6万円×(70歳−相続開始時の年齢)」となっています。
また、重度障害者の場合は「12万円×(70歳−相続開始時の年齢)」となるのです。
また、相次相続控除というものがあります。
10年以内に相続が2度以上会ったという場合にはこれが受けられます。
「1回目の相続税率の1年当たり10%相当額×(10年−1回目の相続から2回目の相続までの年数)」というのがその計算式です。
これは2回目の相続税額から控除が受けられるようになっています。
そして在外財産に対する控除です。
これは、相続財産が海外にあり、その土地の法令により相続税に相当すると思われる税が課税されているという場合です。
その税額分の控除を受けることが出来ます。
相続税を支払うのは「相続人」というものに指定された人たちが行います。
この相続人は、規定が設けられていますが遺言書の内容などによってはそれに限らない状況も出てくることでしょう。
ここで出てくる言葉として「遺留分」というものがあります。
遺留分とは、簡単に言うと家族などに残される最低限度の財産を保証するものをさします。
では具体的に触れていきましょう。
gftrstr
遺留分は、民望において定められている「一定の相続人が最低限相続可能にする財産」のことをいいます。
原則として、無くなった方の意思を尊重するものですので、遺言書があるという場合においてはその内容が優先されるものとしています。
しかしながら、全てを第三者などに渡してしまうということは残された家族に対して何の弔いもないということにってしまいます。税理士法人チェスター【http://chester-tax.com】なら相続税の申告をスピーディーに行いますので気軽にご相談下さい。
ここで、民法において遺留分をさだめ保証することとなったのです。
この遺留分が保証されている相続人についてですが、配偶者・子供・両親となっています。
法定相続人の第三順位とされている兄弟は遺留分を保証されていないということも覚えておくと良いでしょう。
また、侵害されてしまった遺留分があるという場合においては、遺言書により財産を相続した人に対し「遺留分減殺請求」を行うことも可能となっているのです。
この請求は、相続開始もしくは遺留分が侵害されていると認識した日から1年あるいは知らなくても10年を過ぎてしまうとその権利が消滅されてしまうので気をつけましょう。